フコイダン療法

Posted by her.jp-tiresome on 1月 28th, 2013 — Posted in

フコダイン療法は、特にガン治療に使われています。フコダインにがん細胞を抑制する働きがあることから、低分子加工にして飲み薬などで体内に吸収できるような療法が開発されました。より効果的に効き目が発揮できるよう、まだまだフコダインの研究開発が進んでる段階です。
胃がんや肺がんなどのガン治療につきものの化学療法の副作用によって、体調が変化するときにもフコダインの出番となり、放射線療法や抗がん剤の副作用が軽減されることも分かっています。フコダイン療法によってもたらされる効果にがん細胞の死滅があります。これをアポートシス作用といい、健康な細胞はそのままで、がん細胞にだけ効き目があるという素晴らしい効能があります。そのほかにも糖尿病、ヘルペス、高血圧、アトピー性皮膚炎などの多くの病気の治療薬として用いられています。
このことは、コレステロール、糖尿病の低下、潰瘍の治癒、ウィルス、アレルギーなどに対して優れた効果をもたらすことが分かっています。化学療法とは違い、天然成分が元となっているため、極端な拒絶反応などもなく、安全な方法として、もっと多く健康に役立つ薬品の開発が求められています。また、ガンにならないため、普段からフコダインを含む食品を積極的に摂取することは未病のためにも大切なことです。
フコイダン選びのポイントとしては下記の4点が挙げられます。

■メリットとデメリット
製造方法/産地(原産国)海藻の種類/商品の形状使用の目的により比較。重視項と吸収率により選択すると良い。

■含有量
フコイダンを構成する糖の種類/化学組成が海藻により少しずつ異なるため定義がなく、表示の基準も異なるので、純度で判断する。

■硫酸基
これまでの研究で有用なフコイダンの純度は硫酸基が13%以上必要、という事が分かっています。

■栄養素
9種類の必須アミノ酸が効率(バランス)よく配合されていることも大切です。

QOLの向上と、化学療法に耐えうる体力また免疫力をつけ、西洋医学との奏功率の向上を図るために適切な飲用量と飲むタイミングがカギを握ります。