「フコイダン」は、硫酸化多糖類の仲間で海藻の種類によっても異なってきますが、モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれ、この「硫酸化フコース」「フコース」が、がんに対して有効であることが判ってきました。構造としては、「フコース」と呼ばれている糖に硫酸基が結合したものが、数多く連結したものの総称として“フコイダン”と呼ばれています。1996年・第55回日本癌学会にて「フコイダンの抗がん作用の研究報告」が発表され、中でも、他の正常細胞に影響を与えず、がん細胞(異常細胞)だけを自滅させる働き「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容で脚光を浴びました。
生物の細胞には、異常環境で老化したときに「自滅するように、指令する遺伝子」が組み込まれており、この働きで細胞が自然死することを「アポトーシス」と言います。簡単に言えば「正常細胞にあらかじめプログラムされていた死」ということです。このアポトーシスによって、体内で古い細胞が死に、新しい細胞が生まれてくるという代謝が繰り返され、体の健康を保っています。がん細胞は、アポトーシスが全く効かなくなってしまった異常細胞なので、放っておくと、分裂、増殖を繰り返します。
フコイダンは免疫活性作用と、がん細胞だけに直接働き、アポトーシスを起こさせる作用があります。しかも副作用の心配もないと報告されています。その効果というのががんの抑制効果です。一言でいうと、副作用のない抗がん剤です。抗がん剤については前章で説明いたしました通り、がん治療で一般的に使われています。しかし、がん細胞にもダメージを与える反面、同時に正常細胞にも多くのダメージを与えてしまいます。
「フコイダン」によるがんの抑制効果には、抗がん剤に比べ画期的なものがあると期待されています。それは、正常細胞をより強化(免疫力強化、マクロファージの活性化、NK細胞の増強活性化)し、同時にがん細胞に対してのみアプローチする特性をもっていることにあります。更にがんの抑制ではなく、がん細胞自体を死に追いやっていくことにあります。