フコイダンとアポトーシス

Posted by her.jp-tiresome on 1月 28th, 2013 — Posted in

「フコイダン」の医学的なメカニズムは、全てが解明されているわけではありませんが、がんに対する作用において明確になっているものを言えば、以下の3つが挙げられます。

■ガンに対する「アポトーシス作用」
私たち人間の身体は、60兆個の細胞で構成されています。そしてその細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞ができ、古い細胞が死んでいき、入れ替わることにより60兆個が保たれている訳です。所謂正常細胞は、一定期間を過ぎると自らが死を選んで死んでいくように遺伝子の情報の中に組み込まれています。
このように細胞が自ら死を選んで死んでいく作用のことを医学用語でアポトーシスと言います。これは、おたまじゃくしの尻尾がカエルになる過程の中で消失したり、母体の中の胎児の手に水かきがあっても、誕生したときには分離した5本の指になっていると言う現象と同じです。
しかし、身体には死ななくなった細胞が増殖することがあります。これがガン細胞なのです。がん細胞はほとんど死ぬことがなく、増え続けるのです。ですから増殖し、転移し、身体を犯していくのです。と言うことは、がん細胞は正常細胞の様にアポトーシスつまり、自ら死を選んで消失してくれれば何ら怖がるに値しないものになります。
実は、がん細胞を自殺に追い込む物質、それが「フコイダン」なのです。がんが、自ら死を選んで死んでいくと言う訳ですから、本来考えられない現象です。

■免疫力強化作用
いわゆるがん細胞と戦う兵隊を増やし、また強化し、文字通り戦わせるということです。がん細胞に負けない正常細胞になれば、大いに効果が期待されます。

■新生血管抑制作用
がん細胞は非常にタフな細胞である以上、非常に栄養を欲しがります。がん患者さんが通常の食事をしておられてもやせ細っていくことがありますが、これは栄養をがん細胞にとられていると考えられます。そして、がん細胞が栄養を取り込む入り口が血管なのです。
がん細胞は、こうして自ら血管を作り、栄養を確保しようとしますが、この「フコイダン」は、がんによる新しい血管を作らせないという特性が報告されています。結果的にがん細胞の内部に栄養が行かなくなり、兵糧攻めになり、内部から壊死していくということになります。
がんに対しての作用の中で、現在解明されているものが以上です。もうお気づきと思いますが、これほど理想的な物質はないと私達は考えています。私達の前の奇跡が常識化することもお分かりと思います。これらの現象は、血液検査などを見るとLDH、腫瘍マーカーなどの数値が1週闇~1ヶ月後の検査でも確実に変化していますので、がん細胞に何らかの作用していることは、疑いのない事案です。