健康を維持するためにフコイダンをサプリで

Posted by her.jp-tiresome on 12月 12th, 2013 — Posted in

フコイダンとはもずくやメカブといった海藻類のぬるぬる成分のことをさします。水溶性の食物繊維の一種で多糖類の仲間になります。この成分はガン、糖尿病、高血圧、胃潰瘍、アレルギー、花粉症やアトピー性皮膚炎にも効果があるとされています。なぜかというと、けがをした時、傷口を治すために新しい血管が生じますが、がん細胞にも同じ作用があり、がん細胞自体が成長するために必要な酸素や栄養素を取得するために血管を新生する働きがみられるのですが、この新生を抑制する働きがあるとされているのです。
効果については海藻類の薬効について古くから伝承されてきましたが、最近の研究によって抗がん作用がある一方で、がん細胞自体の生成も抑制するという効果が実証されつつあります。また体の免疫細胞の活性化にも効果が見られ、継続して摂取することで健康にもよいという結果が出ています。
また遺伝子研究においてもアポトーシス効果がみられます。これはがん細胞の遺伝子に特定の刺激を与えて細胞死を起こさせることでがん細胞のDNAを破壊し、がん細胞のDNAが断片化され消滅することになるのです。この効果は抗がん剤投与の際にも利用されており、抗がん剤による副作用である免疫力の低下を緩和させることができることがわかっています。
ではこれほどの効果をもたらすフコイダンの成分とは何かというと、フコースを主要構成糖とする高分子多糖類のことで、硫酸化フコースが多く含まれているのが特徴です。多糖の定義が糖が10個以上脱水結合して生じた糖類とあり、このフコースが10個以上つながったものがフコイダンです。しかしサプリとして利用するために摂取しても吸収されなければ意味がないとして、本来数万以上ある分子量を分子量500以下にしたものが多くみられます。これは高分子多糖類である成分を糖としては2、3個の結合としてしまうため多糖類と呼ぶことができなくなります。ですから、サプリとして利用する際には成分をきちんと調べたうえで摂取する必要があります。もともと食品に含まれる成分ですので、健康な人が食事とともにサプリとして摂取するのは問題ないですし、抗がん剤とともに摂取しても問題がないことが実証されています。そればかりか抗がん剤の副作用である食欲不振、脱毛、吐き気などを抑制する効果も見られており1日4回、朝、昼、晩、就寝前に5グラム程度を積極的に摂取することをおすすめします。

低分子フコイダンは高分子フコイダンと比べて吸収されやすいです。 全国どこでも送料手数料無料。 ネット販売と共に実店舗販売も行っております。 定期宅配株式会社コムネット 定期宅配ご登録完了で12本目還元プレゼント。 安心・安全の90日間返品保証付き。 食生活の乱れや、疲れを感じる方にオススメ! フコイダンのサプリを購入するならこちらがおすすめです